賭け放題

パチスロ、パチンコ、カジノが中心の生活

ジャグラー ハナハナ パチスロ

ハナハナやめどき&コツ

投稿日:

ハナハナやめどき

ジャグラー、ハナハナなどのAタイプの明確な辞め時とは?
例えばAT機、ART機は有利区間完走直後、またはチャンスゾーンやAT抜け直後など、ある程度やめどきが存在します。

オンラインスロットで毎月80万円以上勝てる!オンラインカジノ人気ランキング

パチンコも確変終了後はいつでもやめどきであり、仮に離席後1回転で次の人が当てられても運なので仕方ないとある程度割り切ることは出来ます。

辞めた直後に1500ハマることだってありますしね。パチンコは当たり確率は一定なので、それは気持ちの上で割り切ることはできます。

しかしジャグラーやハナハナなどノーマルタイプの場合、やめどきはかなり難しいです。

そもそもノーマルタイプは設定判別が難しいので1日打っても正確な設定はわからずじまいということの方が多いです。

逆にどこからでも打てるというのもメリットではありますが。

自分が辞めた台が1000円ですぐ当てれられ、2000枚、3000枚出されたなんてザラにあるのでこれはもう仕方ないものだと割り切ることですね。

そんな中でも自分なりのルールを決めておけば気持ちの上でも割り切ることができます。

ハナハナは◯設定以上、確定演出が低いとはいえ存在するので、設定56以上確定が出ればツッパる覚悟は必要です。

最近の6号機AT機は確定演出も出やすいので456確定以上、56確定などがでれば終日打って良いでしょう。

しかしジャグラーには高設定確定演出もなく、本当に難しいと思います。ハナハナも高設定確定なんて終日打っても出ないことの方が多い確率ですが。

もちろん、高設定でないと思えば捨てていいと思いますがそう確信できることなんてほとんどありません。

朝一、隣のハナハナでREG後青に光り設定3以上確定した台がマイナス2000枚で捨てられていたのを見た時は何も信じられなくなりました。笑

3くらいではどうとでもなるとはいえ、一応機械割101%なのでマイナス4万円なんてなったら自分の中でどう処理していいかわからなくなります。

私も全台系(全5、6っぽい)のハナハナホウオウで序盤REGに偏り5000ゲーム超えるまでグラフがマイナスだったことがあります。

最終的にプラス1200枚で終わりましたが、ハナハナであろうとジャグラーであろうと、スロットを打つ限りは確率通りいかないということは頭に入れておきましょう。

5号機AT機の中で6の勝率が高いと言われたバジリスク絆でさえ、設定6の勝率は90%なので10回打てば1回は負けるということです。

そんな中で、自分なりのルールを決めておくということを言いましたが目安を書いておきます。

ホウオウチェリー重複5

設定6でないと確信したら辞める

これは他のパチスロにも言えることですが、台のポテンシャルを最大限に引き出せる設定が「設定六」です。

番長3などは設定5のほうが絶頂率が高いとはいえ、6のほうが機械割は高く台の面白さを最大限引き出せるのが設定6であり、他のスロットも基本的にはそうなっています。

その設定6でない、と判断した時点で辞めるというパターンですね。

ハナハナは明確に設定6でないと言い切れる根拠は難しいですが、ボーナス確率(BIG確率、REG確率)やBIG中スイカ確率、レギュラーサイドランプ、BIG後の宝玉ランプ、通常時ベル確率などジャグラーに比べれば判別要素も多いです。

そして一番はお店の設定状況、特日やイベントなどの期待できる状況で色々と判別要素が弱いなら捨てる、周りの状況も見てありそうなら多少弱くても続けるなど状況によって変えましょう。

◯台以上、並びで設定が入るイベントで両サイドが出ているなら多少は突っ込むなどですね。

平常営業で設定6なんて見たことない、というお店なら粘らずある程度出た時点で辞めるのも有りでしょう。

勝ちに徹するならそもそもそんな日に打たないという選択肢もありますが、ちょっとハナを光らせてやりたいという欲求が出る日もあるとおもいます。

どうしても負けたくないけどハナハナを光らせるならアプリや低貸し、ゲームセンターのスロットで光らせて満足するという手もあります。

負けてもいいから楽しみたい、という人以外はやはり設定に期待できなければ打つべきではないので、この6号機時代の悪い設定状況なら設定に期待できるような特日以外はそれほど粘らないほうが良いかもしれません。

金額で決めておく

これは周りに聞いても最も多いルールの1つです。

例えばですが「1万円使ってメダルがなくなったら辞めるor移動する」というものです。

これが人によっては1000円だったり、1BIG分の金額(5号機ハナハナなら約6000円分、6号機ハナハナなら5000円)など、決めておくというものです。

私の個人的な見解ですが、5000枚以上出るようなハナハナは終日のデータを見ても多くて最大マイナス1000枚くらいが多いので朝一台を確保して移動するのが困難な期待できる日はとりあえず2万円までは見る、というパターンですね。

もちろんマイナス2000枚からプラス3500枚まで行ったようなデータも見たことはあります(グラフの底からプラス5500枚)が、極稀ですし、そんなことを言い出してはキリがないのである程度の見切りポイントは決めておきましょう。

高設定を捨てるリスクと、低設定を打たされるリスクどちらを取るか?そのバランスを最終的に決めるのはあなた自身です。

気分や状況によって変えるのもアリです。

ゲーム数で決めておく

ハマりゲーム数もありです。

設定6の場合、終日400ハマりがないようなとんでもないデータのハナハナもよくあります。

プレミアムハナハナのような5号機後期のハナハナは、下皿満タンから大体400ゲームくらいハマると下皿消滅するのでその辺りで辞めたくなってきますね。

これは意外と確率の上でも理にかなっていて、ハナハナの設定6の合算確率が機種にもよりますが大体139分の1ぐらい、そして確率の3倍ハマりする確率は4.7%ぐらいとなっています。
(139×3=417)

つまり設定6で400回転を超えるのは大体20回に1回の確率ですね、それが序盤に来てしまうのなら設定6の確率はガクッと下がります。

最初の2000ゲーム3000ゲームで400ハマりが2回、3回と来るなら設定6の可能性は大幅に下がるということです。

もちろん連続で400ゲームハマったり、1000ハマったら設定6の可能性はないかと言われればそんなことはないのですが、こちらもキリがないので目安としては良いと思う基準です。

確率上起こりにくいとはいえ、パチンコ・スロットを打っていたら一度は感じたことがある理不尽な確率、それがたまたま設定6で起きてしまったなら仕方ないと割り切る心持ちも必要です。

ボーナス確率で決めておく

2000Gくらいの序盤はあまり参考になりませんが、3000ゲーム以降になると合算確率も多くの場合、参考になってきます。

5000G過ぎても合算確率200分の1より悪い台が突然吹く、ということは少ないです。

ただ序盤はビッグばっかり、レギュラーボーナスばかりに偏ったり、なんていうのはザラです。

どちらかに偏りすぎた時は合算確率も参考にするハイブリッド型の考え方がおすすめです。

設定6は序盤の展開が悪くても、合成確率の上では設定2~3くらいの確率でREGに偏るなど、それなりに耐えていることがよくあります。

例えばですが3000G超えて設定6の合算より悪くなったら捨てる、など明確な基準を持っておくとやりやすいです。

これが人によっては設定5の確率の150分の1だったり、設定4くらいの160分の1だったりと違いはありますが自分で選択しておきましょう。


ハナハナ、ジャグラーの36倍勝てるオンラインカジノ

投資金額が◯円超えた場合、まくった時点で辞める

これは有名ライター沖ヒカルさんが投資金額をまくった直後、ボーナス後0Gで即止めしていて思ったのですが、例えばハナハナへの投資金額は2万円までと決めたけど、1万円を超えて2万円未満の場合、「投資金額を上回るメダルが出た時点で即やめする」

という考え方です。

かなり色々な考え方を取り入れたハイブリッド型ですが、例えば投資金額が3000円、5000円とかならば全ノマレしてもBIG1回で取り戻せるので、それほどダメージは少ないといえます。

しかし投資金額が1万円~を超えてくると、ハナハナの連荘で取り戻すのは難しくなってきます。

高設定でも100ゲーム以内の連荘で1000枚以上出ることなんて、終日を考えると数えるほどしか有りません。

不確かな「高設定かも?」という夢や期待感を追うよりも今あるメダル数、コイン数に重きを置くという考え方です。

ちょいマイナスくらいなら許せる、というヒトは100ゲームまで回す人もいます。

連荘ゾーンと言われる100G超え後にすっぱり辞めれるか?という疑問は残りますが、それでも曖昧な期待感に胸を膨らませるよりも超現実主義者になって確実なメダル数に重視するか、選ぶのはあなた自身です。

フリーズするかも、ということで1Gだけ回す、50クレジットだけ回すという人もいます。笑

ちなみにボーナス中でもクレオフできるのでまくった時は最終ゲームでクレオフしておき、そのクレジットだけ回すなんて玄人好みのやり方も可能です。

ノーマルタイプやめどき

ハナハナだけではありませんが、Aタイプ特に6号機のアイムジャグラーEX-TPなどは正直な話、設定6でも捨てていいと思っています。

さすがにマイジャグラー5やファンキージャグラー2のような機械割が高い機種は別ですが、ジャグラーの魅力はどこからでも打ててどこでも捨てられるという点です。

判別もぶどうを数える以外のチェリー重複、ボーナス合算はほとんど参考値と思っています。

ぶどう確率も最低4000Gは見ないと当てにならないと個人的には思っているので、それならあまり気負わずに取り組むべきです。

1000円ずつカニ歩いて反応の良い台を打つような立ち回りなど、好きなように立ち回っていいですよね。

アイムジャグラーの設定6は捨ててもいい、という気持ちでやっています。
(それならそもそも触らない、という選択肢もありますが)

ハナハナ連チャン後ハマる?

結構、5連以上の連チャン後にハナハナはハマるような気がする人も多いと思います。

結論から言えば、連チャン後だろうと連荘後でなかろうとハナハナは突然ハマります。笑

でも他人の台でも見たことある人はあると思いますが、連チャン直後に連チャンする常に光ってるんじゃないかと思うぐらい羨ましいチカチカハナハナもあります。

じゃあハマった後は連チャンするか?と言われればそういう時もあるし、そうでない時もあります。

連チャンして持ち玉が1000枚、2000枚あったのが一瞬で飲まれたという経験が強く印象に残っているかもしれませんが、思い出してみてください。

連荘後、グダグダと下皿モミモミしたあとハマるパターン、逆にモミモミからまた連チャンして増えたパターンなどもハナハナを多く打っていたら必ずあるはずです。

連チャンしたのに直後にドハマリしたという経験が強く印象に残っているだけで、他のパターンも絶対にあります。最近はサイトセブンなどに登録していなくてもデータを見れる店も多いので、可能なら両隣やよく光っていたんじゃないかと思う後ろの台のデータを、閉店後に見てみてください。

自分の印象とグラフが違っていたりして、また新たな発見があるかもしれません。

実際にお店で見ていて感じた他人の台のデータをみるというのは自分への疑似体験になるので、必ず血肉になり糧になるはずです。

もちろんハマり倒して終日マイナス11万円みたいなデータの台を見たこともあります。笑 打つ人は6人位変わっていましたが。

結局は設定+運であり、もちろん設定によって光りやすいハマりやすいはありますが、1日の回転数くらいではどうとでもなるということです。

ちなみに他人の台でグレートキングハナハナで朝一のボーナスまで1400ハマった台が、最終的に8000ゲームほど回されてプラス1000枚くらいで終わってるのも見たことがあります。笑

確率上、起こり得ることはあるということです。

その中で自分で取捨選択しましょう。

ハナハナ設定6の勝率96%

これは聞いたことある人も多いかもしれませんが、8000G以上回した時のハナハナ設定6の勝率は96%くらいという話です。

もちろんシリーズによって微妙にベルやボーナス確率が違うし、回転数にもよりますが(回転数が多いほど勝率は高くなります)、それでも4%は負けてしまうのです。

4%というと25回に1回ですね。50台設置の店で全6をした場合でも、2台はマイナスで終わってしまうということになります。

しかも序盤に展開が悪く、設定が悪いと思われて捨てられ回転数が少ないと、もっと負ける台数が増えることも考えられます。

しかも勝率96%といっても、差枚数1枚でもプラスなら勝ちに含まれるので+1枚~500枚くらいで終わる確率も15%くらいは含まれているということです。

昔、設定発表があった頃の時代ではエヴァンゲリオンまごころを君にの設定6や初代青ドン設定Hほぼ確定(ドンBIG中に三連ドンちゃん花火2回出現)で負けた記憶が蘇ります。笑

設定6だろうと設定Hだろうと負ける時は負けるので、仕方ないのですが。

逆にどのスロットの設定1の機械割97%くらいでも勝率は30%くらいはあると言われているので、勝つ時もあれば負けるときもあるのがギャンブルということは解っておきましょう。 

これが設定4、設定5なら勝率はもっと低くなります。

なので捨てた後オカマ掘られて出されてもどうせ設定6ではないと思えるデータの上で辞めたのなら、後任者のヒキが強かったとある程度は割り切れます。

辞めた台は自分の台ではない

これは考え方の話になりますが、そもそもお店にある台は自分の台ではありません。

辞めた後出されるのが嫌なら終日打つか、全く触らないかどちらかしかありません。

ですが台移動して成功した、という体験をした事は絶対にあると思います。

いかに立ち回るか、見切るか。

ハナハナなどAタイプのスロットで設定が重要な台は特にですが、自分で納得できる形でルールを決めておきましょう。

やめたら出される、だからやめられないという人へ。

辞めた後、回され続ければいずれは光らせられるのは仕方ないことです。

自分が逆に他の人のやめた台を出すことだってあるでしょうしね。

ハナハナ、ノーマルタイプではそれ程気負わないというのが意外と単純であり重要な要素なのかもしれませんね。

六号機に絶望した人達が密かに遊んで毎月90万円以上勝っている、オンラインカジノ人気ランキング

-ジャグラー, ハナハナ, パチスロ

執筆者:

関連記事

マイジャグラー5GOGOランプ

マイジャグラー5 解析攻略

マイジャグラー5の解析と攻略です。 もくじ1 ボーナス合算確率2 ぶどう確率(推定値)3 設定差のあるポイント4 マイジャグ5 裏技 ボーナス合算確率 設定1 1/163.8 設定2 1/159.1 …

no image

バーサススロットアプリ

パチスロですが、私は最近はスマートフォン用アプリでプレイしていますね。 まぁでもやっぱりこれからの時代はiPhoneやアンドロイド携帯でゲームアプリもやっていけるでしょうね。それならそれで私たちの携帯 …

no image

スロット終了!?一時代の終わり

今のパチスロは設定状況が芳しく無く、地方だともう設定に期待できる状況ではなくなっています。 パチンコの方もボーダーを上回る台など都市伝説級に見つからず、今後も厳しい戦いを強いられていくことでしょう。 …

スロッタースロッター公約ガセ

もくじ1 スロッタースロッター公約2 安室並恵3 末たか子4 複数台機種5 バラエティ6 スロッタースロッター公約まとめ スロッタースロッター公約 スロッタースロッター(SLOTTER×SLOTTER …

王宮が放つ豪華な光景アツ姫取材イベントの公約

2020年9月から、アツ姫取材の王宮が放つ豪華な光景というイベントが新規にできました。 どうやら現時点では三重県のキング観光の系列店専門イベントのようです。 三重県の北部のキング観光の5日、15日、2 …

 

東海地方在住、稼働の7割はハナハナ、ルイスゴンザレスです。

7割ハナハナメインで2割は他のスロット、あとの1割はパチンコです。

好きなプレミアパターンは点灯です。

主に土日を中心に立ち回り、年間トータル20万円ほど負けてます。

いつも豹変するハナハナに翻弄されながら稼働していましたが、最近はカジノ王国のアプリやカジノの方が調子がいいので、そちらに気持ちが流れています…。